So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

大阪でもホッピー人気に(産経新聞)

 東京ブームのアルコール度0・8%の麦芽飲料「ホッピー」を飲める大阪市中央区の居酒屋「江戸幸(えどこう)」がホッピーファンの人気を集めている。

 甲類焼酎と混ぜて飲むのが普通で、ビールがまだ高価だった昭和23年、安く飲めるビアテイストの酒として誕生。出荷先の9割近くは首都圏という。

 凍らせたジョッキに2割の焼酎を入れ、ホッピーを注ぐと、おいしそうな泡がジョッキの縁を覆う。東京で親しんだ味を求めて探し回り「常連になった転勤族も多い」という。

タンチョウ 川霧の中で目覚め 北海道鶴居村(毎日新聞)
ブリキロボットと箱絵の原画展(産経新聞)
無許可業者のごみ収集容認=うその証明書も発行−大阪・松原市(時事通信)
<年金制度改革>閣僚協議会設置へ 具体的制度設計を前倒し(毎日新聞)
<オバマ大統領>「広島に行きたいと思う」 秋葉市長と面会(毎日新聞)

両陛下ご宿泊 老舗旅館で不法就労 容疑の社長きょう書類送検(産経新聞)

 仲居としての就労資格がないと知りながら中国人を働かせていた疑いが強まったとして、警視庁組織犯罪対策1課は24日、入管難民法違反(不法就労助長)容疑で、富山県黒部市宇奈月温泉の旅館「延楽」の男性社長(59)を25日に書類送検する方針を固めた。捜査関係者が明らかにした。延楽はかつて天皇、皇后両陛下も宿泊された老舗旅館。同課は延楽がブローカーを通じ、複数回にわたってこうした中国人を受け入れていた点を悪質と判断、立件に踏み切る。

 同課は、中国人の在留資格変更を申請した東京都墨田区の男性行政書士(70)も、同法違反(資格外活動幇助(ほうじょ))容疑で書類送検する。

 捜査関係者によると、社長は事情聴取に「不法就労にあたるかもしれないと思っていたが不況で人手も足りず、目をつぶっていた」と話しているという。

 同課は昨年11月、同法違反容疑で中国人ブローカーら5人を逮捕。5人は雇用契約書を偽造する手口で、長期間滞在が許される通訳などの在留資格を中国人らに取得させ、実際には仲間の人材派遣会社を通じて、この資格での就労が許されていない旅館や飲食店に派遣していた。延楽はこの会社から平成19年10月以降、約15人の紹介を受けていたという。

 捜査関係者によると、行政書士は20年5月28日ごろ、中国人の女(27)の虚偽の雇用契約書を作成し、東京入管に提出した疑い。男性社長はこの女ら2人を仲居として働かせた疑いが持たれている。

 延楽は昭和12年創業。宮内庁や黒部・宇奈月温泉観光協会によると、昭和33年10月に富山県を訪れた昭和天皇と香淳皇后が利用。また、36年10月に天皇、皇后両陛下が皇太子ご夫妻として同県を訪問した際、宿泊された。

【関連記事】
「日本人は夜勤を嫌がる」…不法残留の中国人を働かせ逮捕
不法滞在許さない 関係機関が連携強化
法の盲点つく“裏ビジネス” 罰則規定なく高い報酬
不法就労助長容疑で男逮捕 鹿児島など4県警
雇用契約書を偽造し、100人超の密航あっせんか 中国人ブローカーら逮捕

鳩山首相 「起訴されないこと望む」発言を撤回(毎日新聞)
<普天間移設>鳩山首相、改めて5月中の決着を強調(毎日新聞)
「ハイチに千羽鶴贈ろう」 被災者喜ぶのか、迷惑なのか(J-CASTニュース)
<日本ペンクラブ>書籍デジタル化で意見書 NY連邦地裁に(毎日新聞)
民主 陸山会事件の捜査長期化を懸念 小沢氏「信念貫く」(毎日新聞)

亀井氏の「うるさい」発言で臨時閣僚懇 首相が閣僚に注意(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は28日午前、亀井静香郵政改革・金融相が27日の参院予算委員会の答弁で野党のやじに対し「うるさい」と発言したことを受け、臨時の閣僚懇談会を招集。閣僚に対し、「不規則発言をしないようにお願いする」と述べ、自制を求めた。平野博文官房長官も「閣僚の不規則発言は誠に遺憾だ。閣僚の立場を踏まえ、不規則発言は厳に慎み、予算案の早期成立に努めてほしい」と注意した。

【関連記事】
亀井氏「うるさい」発言で参院予算委理事会紛糾 2次補正今夕成立
亀井氏「グズ拓は相手にしない」 山崎自民元副総裁の国民新党入りで
“やじ最強”3閣僚を名指しで抗議 自民
鳩山首相の政権運営は「練習」だったの?!
菅、亀井氏はヤジ将軍? 閣僚席はまるで野党席

法制局長官陪席の打診否定=平野官房長官(時事通信)
サルにかまれ女児ケガ 茨城・鹿嶋で襲撃相次ぐ(産経新聞)
生きる 横浜でクラシック演奏 病気の子ら2千人を魅了(毎日新聞)
<政教分離>市有地に神社は違憲 最高裁(毎日新聞)
尼崎公害訴訟 和解から10年 歩道橋バリアフリーへ (産経新聞)

看護師殺人未遂が時効=私的懸賞金も、有力情報なく−大阪府警(時事通信)

 大阪市西成区で1995年1月、看護師の女性が刃物で刺され重傷を負った殺人未遂事件は25日、公訴時効(15年)を迎えた。大阪府警西成署は昨年8月、現場から逃げる男の後ろ姿の画像を公開、被害者の夫が私的に懸賞金を提供するなどして情報を募っていた。
 同署によると、事件は95年1月25日午後5時10分ごろ発生。大阪市西成区の大阪社会医療センター前の路上で、当時勤務していた看護師林裕子さん(49)が突然、背後から男に刃物で腰を刺され重傷を負った。同センターに4日後、男の声で「病院はおれを虫けら扱いした」と電話があった。
 夫の良平さん(56)は目撃情報を求めるビラを配り、懸賞金300万円を提供して容疑者逮捕に執念を燃やしたが、有力情報は得られなかった。裕子さんは傷の後遺症で、今もモルヒネで痛みを抑えながら車いすで生活している。 

【関連ニュース
強盗容疑で37歳男を逮捕=郵便局で500万奪う
遺体は兵庫の72歳女性=首締め刺される、殺人と断定
強盗殺人容疑で59歳男逮捕=靴底に被害男性の血か
強盗殺人容疑で男再逮捕へ=マンションで男性殺害
郵便局長、強盗に切られ重傷=刃物男逃走

妻と子2人殺害容疑、調理師の男逮捕…大阪(読売新聞)
<自民党大会>ノムさん敗因分析「負けに不思議の負けなし」(毎日新聞)
<五泉市長選>前副市長の伊藤勝美氏が初当選(毎日新聞)
<犯罪被害者の会>新補償制度創設要求を決議(毎日新聞)
胆沢ダム工事受注の「宮本組」へ 談合仕切り役“天下り” 下請け捜索(産経新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。